« 嗚呼、不愉快な日々・・・。 | トップページ | 年代別 私的ロック名盤紹介~その4~ »

2008年12月16日 (火)

年代別 私的ロック名盤紹介~その3~

凝りもせず、1965年に行きましょうw

Knock Me Out!/The Ventures

日本でエレキ・ブームを起こしたヴェンチャーズ。あまりアルバム単位では聴かないが、唯一の例外が本作。「10番街の殺人」は大好き。他の曲も選曲がいいし、なによりジャケットの女の子が好きw

Bringing It All Back Home/Bob Dylan

初めてディランがエレキ・ギターを手にした問題作。当時のフォーク・ファンから、ステージ上で激しいブーイングを浴び、退場を余儀なくされた話は有名。

Mr.Tambourine Man/The Byrds

そして、バーズの登場。「Mr.Tambourine Man」などのディランの曲をロック風にアレンジして次々とヒットを放った。12弦ギターの豊潤な音と、爽やかなコーラスが特徴。

Highway 61 Revisited/Bob Dylan

バーズが自分の曲をロック風にカバーしてヒットさせたのに触発され、ついに本格的にロックを始めたディラン。「Like a Rolling Stone」はディランにとっての最大のヒット曲で、RS誌の選定した”偉大な曲”ランキングでも堂々の1位だった。

The Beach Boys Today!/The Beach Boys

’63~'65年はビーチ・ボーイズの全盛期で、当時はビートルズを始めとするイギリス勢に唯一対抗できるアメリカのロック・バンドだった。この作品あたりから夏のイメージだけでなく、哀愁漂う楽曲もちらほら見え始め、後の「Pet Sounds」への伏線になっている。

Out of Our Heads/The Rolling Stones

ストーンズの代表曲「Satisfaction」を含む第4作目。この曲がRS誌の偉大な曲ランキング2位である。とはいえ、まだカバー曲が半数近くを占めるため、まとまりはない。

Help!/The Beatles

第2弾主演映画のサントラ盤。学校の教科書にも載る超有名曲「Yesterday」他、3曲ものNO.1ヒットを収録しているが、全体的に甘口の曲が多く、個人的には物足りない感もある。

Rubber Soul/The Beatles

こちらは文句なしの名盤。特にバラード系に名曲が揃う。ジヨージ・ハリスンが持ち込んだインド楽器のシタールも「ノルウェーの森」で初登場した。

My Generation/The Who

ザ・フーのデビュー盤。これでイギリス4大ロック・バンドが出揃う。これまた、例に漏れず、R&Bのカバーが多く収録されている。

|

« 嗚呼、不愉快な日々・・・。 | トップページ | 年代別 私的ロック名盤紹介~その4~ »

洋楽ロック」カテゴリの記事

コメント

潮さん>日本以外というのは考えられんのだが・・・。
前にもこういうことがあって、ネット再接続して直ったのだが、何回もやってられんので、初めて通販で箱買いしました。
それと・・・ディスク1枚くれw どうせ制限じゃあないかw

投稿: HATA | 2008年12月16日 (火) 18時05分

(´・ω・`)前の記事の話ですが………

アカが日本以外だとウェブマネーとか使えませんよ(´ω`;)

ちなみにガンスは5回出て最高12連でディスクは計6枚でした(´・ω・`)

ガンスは運ゲをオススメしておきます

投稿: 塩 | 2008年12月16日 (火) 05時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嗚呼、不愉快な日々・・・。 | トップページ | 年代別 私的ロック名盤紹介~その4~ »