« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

Legend of Rock 3 The Doors

先日、某U駅でザ・ドアーズのTシャツを着た若者を見た。

その若者はドアーズのことを知っているのだろうか?

ドアーズのヴォーカリストのジム・モリスンはロック史における伝説的存在の一人だろう。

とにかく、スキャンダラスな話題に事欠かなかった人であったようだ。

そして、彼もまた当時の伝説的ミュージシャン達の多くがそうであったように、’71年に変死している(恐らく薬物中毒死)。

’91年にはオリバー・ストーン監督による伝記映画も製作された。

ザ・ドアーズの音楽的特徴を素人目線で挙げると、

①メンバーの中にベーシストがいない・・・キーボードやギターで代用していたようだ。

②詩人ジムによる、詩の朗読が多い・・・特にライヴにて。

③音楽的にはかなり多様である。・・・基本的には、当時の流行でもあるブルース系が主だが、ボサノヴァ、ジャズ、フラメンコ、バロックなど多彩な要素が見られる。

④基本的には、ジムのエキセントリックなヴォーカルと、レイ・マンザレクの印象的なオルガン・プレイが持ち味。・・・これが’67~’68年頃のサイケデリックな空気とマッチしていたようだ。

「Touch Me/The Doors」・・・ドアーズの曲の中でも、最もポップで分かりやすい曲。これは、ギタリストのロビー・クリーガーによるところが大きい。

Doors

クリーガーは、ギタリストとしては、あまり派手なプレイはしなかったが、ドアーズの数々のヒット曲を作曲した。彼がいなければ、ドアーズは、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドと並んで、かなりダークネスなバンドとなっていただろう。

この曲の元ネタは、実はフォー・シーズンズの「C'mon Marianne」だったりする。

| | コメント (0)

2009年11月29日 (日)

交流戦すっぽかし

さて、昨日はチームの交流戦を宣言通りすっぽかしました。

私も強情なので、一回出ないと言ったものは出ないんです。

シエラさんからお呼びがかかれば、出るつもりでスタンバってましたが、どうやらその必要も無かったようです。

その間、申し訳ないけどトライアルに出させていただきました。

チムチャの状況をチェックしてましたが、雰囲気では、特にもめごとも無く終わったようなので、良かったのでは無いでしょうか?

シエラさん、お疲れ様でした。

| | コメント (2)

2009年11月23日 (月)

11/22 交流戦

昨日は、チームscapegoatさんとの交流戦があったわけです。

勝ち抜き戦で行われました。

結果は、我がチーム(銀冠)が、O’3連合会員でもあるkatauyaさんに5人抜きされて負けましたw

私は1勝1敗。katauyaさんに負けました^^;

どうもにもkatauyaさんには勝てません。現在のところ全敗です><。courtさん、masakuroさん、そしてkatauyaさん。この3名の方には勝った記憶がなく、私の苦手な相手です^^;

それはともかく、昨日の交流戦はルールの解釈をめぐって一悶着、いや二悶着あり、最低な交流戦でした。

確かに相手側も配慮に欠けていた部分があったと思いますが、言い訳がましいことや、不平不満をゴチャゴチャ言うのは、私は嫌いです。

同じチームなので、何も言いませんでしたけどね。

あんな状況では、チームが勝ったとしても、あまり嬉しくありません。

シエラさんには申し訳ないけど、今週の交流戦は出場したくありません。

次の相手はもっともめそうな相手です。もう険悪なムードの交流戦には出たくないのです。

無責任なようですが、それが今の心境です。

| | コメント (3)

2009年11月22日 (日)

Legend of Rock 2 - Procol Harum

アメリカン・ロックとブリティッシュ・ロックは明らかに持っている空気が違う。

今回、ここに紹介するのは、典型的ブリティッシュ・ロックの形である。

この高貴でクラシカルでゴージャスなサウンドは、アメリカンでは絶対に有り得ないものである。

「Grand Hotel/Procol Harum」

プロコル・ハルムといえば、何といっても’67年の「青い影」が有名だが、’73年発表の本作も良い。

sapuriさんのように’70年代前半のブリティッシュ・ロックが好きな方にお薦めしたい。

| | コメント (2)

2009年11月16日 (月)

Legend of Rock - The Who

早いもので、THE WHOの来日公演を見に行ってから、1年が経ちました。また歳を取ってしまったわけですな(-_-)。

「See Me , Feel Me/The Who」・・・・1969年、伝説のウッドストックでの映像。もちろん、昨年の来日公演でも演奏してくれました^^ まさにロック・ファンとしては、生きる伝説を目の前で見たという感じ。感動しました。 

メンバー4人のうち、2人はすでに他界。ピートもロジャーもすっかりお歳をとられてましたが、サポート・メンバーにはピートの息子のサイモンや、リンゴ・スター(元ビートルズ)の息子のザック達が参加するなど、世代を超えた編成が素晴らしかった。

以下に歌詞掲載

See me , feel me , touch me , heal me.

See me , feel me , touch me , heal me.

Listening to you I get the music.

Gazing at you I get the heat.

Following you I climb the mountain

I get excitement at your feet!

Right behind you I see the milions

On you I see the glory.

From you I get opinions

From you I get the story.

これを大合唱してしまった私でした(-ω-);

| | コメント (2)

2009年11月15日 (日)

O’3連合集会

11/14(土) O’3連合集会を開きました。

ガンスに世界大会とイベント開催中にも関わらず、ご参加下さいました会員の方々には御礼申し上げますm(__)m

本当はイベントの無い日曜日が良いかな? と思っていたんですが、だんぱさん、おとごんさんのご都合もあり、土曜日開催としました。

今回の集会の一番の目的は、面識の無い会員の方同士の交流を図ることにありましたので、一人でも多く集まる日を選んだのです。

結果的には9名の会員の方にご参加いただきました。正直に申しますと、予定より少ない人数になってしまいまして、「むむ・・・日曜日でも良かったかな」とも思いましたが、各自いろいろご都合もあることですし、こればかりは致し方ないところでしょう。

大会の方は、コートさんの案で、3人組×3チームに分けての総当たり戦としました。

チームは居住地別で編成。関東在住チーム、京阪在住チーム、神戸他在住チームに分けました。

結果は仲良く(?)3チーム1勝1敗となり、ドロー。勝利チームへの粗品として用意していたデスカリは不要となってしまいましたw

ともあれ、ご参加下さいました会員の皆様、お疲れ様でした。

| | コメント (13)

2009年11月11日 (水)

O’3連合集会について

O’3連合の集会を11/14(土) 夜9時より行いますので、会員の方々宜しく御願いいたします

場所はその時の気分で決めますw 私は早めにインしますので、みなさんは私のいる場所へ集合御願いします。

そこで、簡単な大会でもしようかと思っておりますが、具体的に何をするかは決めてません。

2つのチームに分けての対抗戦でもしょうか?

あるいは普通のトーナメント方式の大会にしようか?

あるいは、コートさんの言ってたスイスドロー方式による大会にしようか?

迷っております。是非皆様の御意見、御希望あれば、お聞かせください。

いずれにしても、景品は出せません^^; 出すとしても粗品程度です。

期待しないでくださいねw 

イベントに参加したい人もいらっしゃると思いますが、今回の集会は、皆様が集まることに意義がありますので、ちょいと顔出し程度でも構いません。

なにせ、小波の対応次第では、最後の集会になる可能性もありますからね^^;

| | コメント (3)

2009年11月10日 (火)

H氏とすれ違った

本日、大阪市内にて、野球解説者のH氏とすれ違った。

H氏は、現役時代はパワーヒッターとして鳴らし、ヤクルト、巨人、阪神でプレーした。

こう書けば、野球ファンならH氏とは誰のことであるか、すぐ分かるだろう。

H氏はスーツを着て、自転車に乗り、私の1m横をすり抜けていった。

私は一瞬「あれ!?」と思い、H氏を見た。H氏も一瞬私を見たので、目が合った。

本当にH氏で間違いなかったのかと問われれば、正直100%までの自信は無い。

しかし、渥美清に似た顔(そのためにトラというニックネームがついている)と大きな体格は、90%間違いないと思う。

場所的にも大阪ドームとそう遠くない場所なので、ありえない話しではなかろう。

まあ、だからどうってこともない。ただ、有名人とすれ違っただけの話しではある。

東京に住んでいた頃は、有名人とひょっこり会うことも、何回かは有ったものだ。

何気なく入った喫茶店にK柳T子がいたり、ラッキィ○田とは2回もすれ違ったことがある。

ラッキィ氏がトレードマークの赤い象のじょうろを頭の上に乗せたまま普通に路地を歩いていたのには閉口した。

まあ、都会暮らしをしていると、ごくまれに遭遇するもんである。

| | コメント (0)

2009年11月 8日 (日)

トライアルは一周だけしました。

この一週間はYOには、ほとんどINせず。

好きな推理小説を読み、音楽を聴きながら就寝という、健康的な日々を送っておりました。

おかげさまで、アルマによる慢性的な寝不足と疲れ目がかなり解消されました。

イベントの景品を見ながら、「YO2もいよいよ末期が近づいてるな・・・。」と感じる今日この頃です。

O’3連合の集いは、11/14(土)が有力ですかな?

まだ返事をいただいていない会員の方には、Dメールで確認させていただくことにいたします。

| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

とりあえず、みんな集まるべ~

タイトルは一応、どくろべえ様をイメージしております。

とりあえず、O’3連合会員を一堂に会する機会を設けたいと思います。

もちろん、無理強いはしませんが。

予定では、11/14(土)か11/15(日)の夜9時頃を考えています。

会員の皆さん(アシスタント、見習い含む)のご都合のいい日、希望される日を教えてください。

よろしくお願いいたしますm(__)m

| | コメント (14)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »