« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

お粗末すぎるミス

公式HPの”ガンスリング7連勝目の取得カードについてのご連絡”を見て、思わず笑ってしまった。

”取得できるカードの画像を正しく修正いたしました。”って・・・結局、既出のギルフォかよ!w

これは、コートさんのおっしゃるとおり詐欺ですよw 私は参加してませんでしたけどね(ていうか、パスが残ってない) 。

なんというか、YO3の出来も悪いし、K社には、「もっと真剣に仕事やれ!」と言いたい。

真面目に取り組んでりゃ、こんな初歩的なミスしないだろうに・・・。

| | コメント (0)

my best selection CD The Beatles②

ビートルズ編の後半、’67~’70年までのマイ・ベストです。

①アビー・ロード  Abbey Road('69)

②サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド

   Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band('67)

③ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)   The Beatles('68)

④マジカル・ミステリー・ツアー    Magical Mystery Tour('67)

⑤レット・イット・ビー   Let It Be('70)

中~後期のビートルズは特に好きなので、①~④まで太字(この太字の数は最終的に100~120枚となる予定)です。⑤も決して嫌いではないので、太字でも良かったのですが・・・。やはり上の4作品と比較すると、見劣りする感じがします。

⑤は、ビートルズ本人達が完成させた作品ではなく、暗礁に乗り上げた”ゲット・バック・セッション”の残骸を、ジョン・レノンがフィル・スペクターへ編集を依頼し、スペクターが完成させました(もうすでにビートルズは解散状態にあった)。完成した⑤に対するメンバーの反応は、ジョンとジョージは大絶賛。ポールは否定的だったという話は有名です。

私個人としては、フィル・スペクターは名プロデューサーですが、’96年の『アンソロジー3』での音源を聴くと、やはりジョージ・マーティンの方が良かったんじゃないだろうか?と思ってしまい、どちらかというと、否定派です。

さらに2003年には、『Let It Be...Naked』なるリミックス盤が登場し、スペクター盤は事実上、否定された感じになりました。

⑤の話だけで終わりますが、ビートルズ作品は超有名ですし、他のサイトでいくらでも調べられるので、①~④については説明を省略しますw

あ、④はつい先日、sapuriさんが紹介してましたな。

| | コメント (2)

2009年12月27日 (日)

my best selection CD Eric Clapton

私はギター・マニアではありませんし、特にエリック・クラプトンのファンという訳でもありません。ましてや、クラプトンがどんなブランドのギターを使っているといった類の話題には、全くついていけません。

そんな私に”ギターの神様”エリック・クラプトンを語る資格は無いのでしょう。

そんなことを思いつつも、マイ・ベスト・ランキングを。

波乱万丈、変化の激しい人生を送っているクラプトンだけにランキングを二つに分けました。

まず、’60年代のクラプトン関係作品でのランキング。

①カラフル・クリーム/クリーム  Disraeli Gears/Cream('67)

②クリームの素晴らしき世界/クリーム  Wheels of Fire/Cream('68)

③フレッシュ・クリーム/クリーム  Fresh Cream/Cream('66)

④スーパー・ジャイアンツ/ブラインド・フェイス Blind Faith/Blind Faith('69)

’60年代のクラプトンは、とにかく変化が激しい。

まず、’65年はヤードバーズに在籍。この時代の作品は未聴です。申し訳ないけど、ヤードバーズにはあまり興味が持てませんでした。

次に’66年ブルースブレイカーズ。これは持ってますが、あまり聴いてません。ジョン・メイオールのヴォーカルがどうも馴染めません。

そして、’66~’69年がクリーム。このバンドは好きで、1位~3位までクリームの作品が並びました。ハード・ロックの元祖とも言われるヘヴィなブルース・ロックで、②のライヴで聴かれるような長尺プレイが有名ですが、スタジオ録音では、実験的なサウンドも作っています。最もコンパクトにまとまった①が私的には聴きやすい作品です。

最後にスティーヴ・ウィンウッドとジョイントしたスーパー・バンド、ブラインド・フェイスとなりますが、唯一の作品④は、ウィンウッドが目立ちすぎていて、トラフィックの作品を聴いているのと大して変わらない印象があります。

’70年代以降作品のランキング。

’60年代はほとんど歌わなかったクラプトンですが、’70年代以降は味のあるヴォーカルを聴かせるようになります。

①いとしのレイラ/デレク&ザ・ドミノズ 

 Layla and other assorted love songs/Derek & The Dominos('70)

②461オーシャン・ブールヴァード 461 Ocean Boulevard('74)

③スローハンド  Slowhand('77)

④アンプラグド  Unplugged('92)

正直、クラプトンのソロ名義作品には、何故かあまり食指が動かず、未聴作品が多い。

①は超有名なタイトル曲や、ジミヘンのカバー「Little Wing」など、天空を駆け抜けるような演奏が凄い。②はレゲエを取り入れてヒットした作品。④は有名なアコースティック・ライヴ。どちらかというと、オーディオ的観点から聴く場合が多い作品です。

クラプトンの音楽の特徴は、やはりブルースを軸にしていることでしょう。脇道に入ることはあっても、常に本道であるブルースに戻ってきます。

ブルースは、シンプルな音楽ですが、馴染みの無い日本人には分かりにくいところがあるかも知れませんな。

| | コメント (2)

会員TPランキング シーズン11の結果

遅くなりましたが、連合会員の皆様のシーズン11におけるTPランキング結果を発表します。

164位 のぶおさん

276位 てん姫

354位 おとさん

393位 コートさん

399位 かつやさん

429位 まさくろさん

595位 じじー1123

623位 だんぱさん

712位 ミスター777

サブは書いてありません。メインのみです。

ということで、9名もの会員の方がランクインしました。皆さん、頑張りました。

私も久しぶりに1000位以内に入りました。

お疲れ様でした~。

| | コメント (0)

2009年12月23日 (水)

my best selection CD The Doors

ドアーズに関しては、つい先日も記事にしましたな。

私のザ・ドアーズ愛聴盤ランキングです。

①ハートに火をつけて   The Doors('67)

②まぼろしの世界   Strange Days('67)

③太陽を待ちながら   Wainting for the Sun('68)

④L.A.ウーマン   L.A.Woman('71)

ドアーズの場合、活動期間が短く、作品数も少ないので、順位を決めるのは比較的楽でした。

①と②は双壁の存在で、ドアーズの最高傑作といえば、この2枚のどちらかが挙げられる場合がほとんどです。

一般的には、彼らの代表曲「Light My Fire」や「The End」などが収録されているデビュー盤①の方が、その衝撃性も含めて最高傑作に挙げられることが多いようですが、私も一応①を1位としました。

しかし、①と②どちらが1位でも構いません。むしろ、②の方が完成度が高く、そのシュールなジャケット・デザイン共々秀逸と思える部分があります。

3作目の③は、銃殺シーンを連想させるSEが入った「The Unknown Soldier」が収録されたり(恐らく当時のベトナム戦争の影響であろう)、相変わらず過激な部分は残されているものの、全体的にはメランコリックになった印象があります。フラメンコや民族音楽風など、音楽的にも多様化してきているのも特徴。そんな中で「Wintertime Love」というワルツ調の曲が私のお気に入りです。

④はジム・モリソンの遺作となった7作目。消え入りそうな「Riders on the Storm」が、直後のジムの死を暗示しているようにも聴こえます。

5位はつけませんでした。残っているのは、4作目の『Soft Parade』(ブラスを導入し、比較的ポップ)、5作目『Morrison Hotel』(原点回帰し、ブルース色が強い)、6作目『Absolutely Live』(ライヴ盤。ジムの詩の朗読を交えた即興演奏が多い)ですが、どれも横一線な感じで、且つ④とは愛聴度にちょっと差があるので。

モリソン死後も残ったメンバーで何作品か発表しているようですが、これは未聴だし、あえて聴く必要もないだろうと思う。そもそも入手できるのだろうか?

| | コメント (0)

YO3 評価する以前の問題

YO3については、いろんな方が細かく書いていらっしゃるので、あえて書く必要もないのですが、今のところ”大幅バージョン・アップ”という触れ込みとは裏腹に、以前より退化したような気がして仕方がありません。

アバターやデュエル画面もYO2の方が良かった気がするし、3Dにする必要があったのか、今のところその効果が見えてこないのです。恐らく、まだ稼動していない「????」の部分に秘密が隠されているのでしょう。とにかく、現段階では未完成すぎて、評価のしようもないというのが実情でしょうか。

それにしても、いくらβテストとはいえ、ここまで未完成でいいのだろうか? 私は他のオンライン・ゲームはやらないので、よく分かりませんが・・・。

私の遭遇したバグを一つ紹介。デッキから墓地に落ちたはずのウォルフが召喚されませんでした。こういうバグがまだまだ潜んでいそうです。

とりあえず、ケルビムやガイザレスの効果発動時、「破壊するカードを指定してください」と言うボックスが相手フィールド上に出るのを直してくれw はっきり言って邪魔です。ずらさないと指定できません(-_-)。

| | コメント (4)

2009年12月20日 (日)

my best selection CD The Beach Boys

ビーチ・ボーイズというと、日本のTUBEと一緒で夏のイメージが強い。

確かに彼らの代表的なヒット曲のほとんどは、明るく楽しい夏の日の出来事や想い出を歌ったものであるし、楽しいメロディ、リズム、ハーモニーは”夏”そのもである。

しかし、浮き沈みの激しかった彼らの長いキャリアの中には夏のイメージから離れ、ビートルズと張り合って前衛的な作品を作っていた時代もある。

①ペット・サウンズ  Pet Sounds('66)

②ビーチボーイズ・トゥデイ  The Beach Boys Today!('65)

③サンフラワー    Sunflower('70)

④フレンズ    Friends('68)

⑤スマイリー・スマイル   Smiley Smile('67)

私の選んだ5枚の作品で、夏の”サーフィン/ホットロッド時代”の作品は、②だけ。その②にしても、すでに①に繋がるような哀愁を帯びた楽曲が出てきている。いわば秋の気配を感じる作品だ。

完全に夏と決別し、紅葉の秋を迎えたような①は、今でこそ名盤の誉れ高いが、発売当時はアメリカで不評だったと聞く。面白いのは、逆にイギリスではこの作品でブレイクし、ビートルズに迫る人気を得たという。両国の好みの違いが明白であるが、私自身の好みは言うまでもなく、イギリス人に近い。

そして、次の問題作⑤で冬に入る。⑤は幻となった『スマイル』セッションから産み落とされた小作品。タイトル通り”スマイルの廉価盤”といった感じだが、『スマイル』の持っていた摩訶不思議な印象は、この作品でも感じられる。アルバムを通して聞くことはほとんどないが、「グッド・バイブレーションズ」、「英雄と悪漢」の2曲だけでも十分価値はある。

セールス的には”絶不調”、”惨敗”だった③、④も『スマイル』の影響が感じられる作品だ。

| | コメント (2)

2009年12月19日 (土)

YO3にIN

YO3にイン、CPU対戦のみしてみました。

アキさんとデュエルしてみたら、恐れていたことが・・・。

知らないカードばっかり(TωT)

いちいちテキスト読んでたら、時間切れで敗北orz

CPU相手でも時間制限出来たのか・・・。ていうか、時間短いw

YO3の第一印象は、”使いにくい”w まあ、馴れてない部分もあると思いますが。

使えない機能も多く、昨日はデュエルが開始されなかったり、途中で止まったりと、まだまともに動作していない印象です。

あと禁止、制限がYO2とかなり変わってて、とりあえず目についたのは、ライロ系がゆるゆるになってました。裁き準制限とか。。。

ほかにもいろいろ変わってましたが、その辺は皆様の方でご確認くださいw

| | コメント (2)

2009年12月15日 (火)

メモリーカード購入

本日1GBのメモリー・カードを購入。

そして、ノートPCに取り付け。設定を変更してビデオ・メモリーを128MBに変更。以外に簡単に出来た。

以前、デスクトップPCのメモリーを増設した時は結構大変だったので、良い意味で拍子抜けした。

これで大丈夫なはず・・・。4000円程度の出費で済んでよかったw

引退だ何だといいつつ、YO3に向けて着々と準備をしている私がここにいる。

| | コメント (2)

2009年12月13日 (日)

my best selection CD Bob Dylan

ボブ・ディランはキャリアが長いだけに、全ての作品を聴くのは、よほどのファンじゃないと、一般人には難しいですね。

私も'70年代後半以降の作品はほとんど未聴です。

’60年代~’70年代前半までの作品はかなり聴きましたが、それでも全てとはいきません。

そんな中でのマイ・ベスト・ランキングであることをご了解ください。

①血の轍  Blood on the tracks('75)

②追憶のハイウェイ61  Highway61 Revisited('65)

③ブロンド・オン・ブロンド   Blonde on Blonde('66)

④オー・マーシー    Oh Mercy('89)

⑤ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム   Bringing It All Back Home('65)

やっぱり私は基本ロック・ファンですので、フォーク時代のディランより、ロック・サウンドのディランが好きです。

といいつつ、①はフォーク・サウンドですが、これは何といっても良い曲が多い。「ブルーにこんがらがって」が特に好きです。

②は有名な「ライク・ア・ローリング・ストーン」を含んだ作品。ここで聴かれるサウンドは、ハード・ロックとまでは言わなくとも、かなりワイルドで、聴き応え十分です。

③は、前作②にマイルドな味わいを加味したようなサウンド。一般的評価では、この作品がディランのベストとして挙がることが多いです。

④は、私が聴いた唯一の’80年代以降のディラン作品。’80年代作品の中ではベストとして挙がることが多いですし、U2などで有名なダニエル・ラノワがプロデュースしているということで、興味を惹かれました。

実際聴いてみて、期待通りの充実サウンドでした。実はまだ、購入してからあまり日が経っていないので、未だ自分の中ではっきりした評価付けは出来てませんが、良い曲も多いと思いますし、とりあえず4位としました。

⑤はロックに転進したディランの第一作目。もっともこの時点ではまだフォーク・テイストがかなり残っています。「サブタレニアン・・・」や「ミスター・タンブリン・・・」などの有名曲収録。

以上ですが、最初に書いた通りまだ聴いていない作品も多いので、今後この順位は変わる可能性が十分有ると思います。

これからディランを聴く人には、まずディラン独特の歌唱法に馴れる必要があるでしょうねw 特有のしゃがれ声でやけっぱちにも聞こえるヴォーカルスタイルは独特ですので。

それから、歌詞カードは必須。訳詩はやっぱり欲しいです。何のことについて歌っているのか、良く分からないものが多いですが・・・。それでも無いよりはマシでしょう。

馴れないうちは、ある程度忍耐力が必要だろうと思います。最初はダメでも歌詞カードを睨みながら、想像力を発揮させていけば、必ず報われるでしょう。

そういう私も、未だ攻略できてないディラン作品多数有り・・・。

| | コメント (0)

大会の結果、YO3の動作環境&雑談

昨日はコートさんの大会に出させていただきました。

案の定、一回戦負けでした。

言い訳はもうしません。弱いんです(-_-)

副会長とも一戦交えましたが、やはり敗北。2戦ともスキドレ・デッキなのに、スキドレのスの字も出てきやしません。

凡骨デュエリストの終幕に相応しい負けでした。

メインの残りパスはあとわずか。このパスが無くなったらやめようと思ってたんですが、YO2はまだあと3ヶ月続くんですか? ん~どうしようかな・・・。

一方で、YO3の動作環境が本サイトに載っておりましたが、今使っているPCそのままではちょっと無理っぽいです><;

ついさっき調べたところでは、RAMボードの増設は可能なようですし、ビデオメモリの設定を変える機能も一応有るようですが・・・あまりPCの知識が無いので良く判りません;

最後に、大会中の雑談で、私が「下戸だ」と言ったら、777さんとコートさんに物凄く驚かれましたw 私、酒飲みのイメージありますかねえw 以前、記事の中で「アルコールはあまり飲めない」と書いたことがあったので、もうご存知かと思ってました^^;

ちなみにお二人は、”夜の帝王”だそうですw もし、仮にリアルでお二人とお付き合いすることになったら・・・私では相手にならないので、かつて「新宿の酒姫」と言われていた(?)我が妻を派遣させていただきますw 

| | コメント (3)

2009年12月12日 (土)

コートさんの大会

今日の夜、コートさんの大会に参加する予定です。

もう私には、強豪たちとガチで渡り合う力は残されておらず、初戦負け必死な状況ですが・・・。

おそらくメイン・アバターの引退試合になると思うので、頑張りたいと思います。

| | コメント (0)

2009年12月 9日 (水)

my best selection CD The Beatles①

さて今後、私の愛聴盤CDをランキング付きで続々と紹介していきたいと思っております。

まあ、自分の好みで勝手にランキングを付けてるだけなので、あまり真剣に捉えないでください。

初心者の方には、ある程度の参考になってくれれば幸いですが。

ザ・ビートルズ(The Beatles)作品の愛聴盤ランキング 前半(’62~’66年)

Revolver

①リボルバー Revolver(’66)

②ラバーソウル Rubber Soul(’65)

③ビートルズ・フォー・セール The Beatles For Sale(’64)

④ア・ハード・デイズ・ナイト A Hard Days Night(’64)

⑤ウィズ・ザ・ビートルズ With The Beatles(’63)

太字は、私が”愛聴盤CD”に選んだ作品です。

①と②はほとんど遜色ありません。②は名曲ぞろいで素晴らしいのですが、実験的な①の方が私の好みです。

③は地味ですが、なかなかしぶい魅力を持っています。④はヒット曲目白押しで、ベスト盤などを除けば、ビートルズ入門盤として最適な作品と言えるでしょう。

| | コメント (2)

2009年12月 7日 (月)

シンクロだらけ

先日、カード屋ではないけど、トレカをたくさん扱っている書店に行ってきた。

そこで見た遊戯王のレアカードの陳列を見ると、約半分のスペースが大量のシンクロカードで埋め尽くされていた。

そして、テキスト文が細かい文字でぎっしりと書いてあり・・・・さっぱり分からん;;

やっぱり、YO3で引退した方が身のためかも知れない。ついていく自信ありませんorz

| | コメント (7)

2009年12月 5日 (土)

難しい引き際

最近のスポーツ界の選手たちは現役にこだわる傾向があるように感じられる。

野球の工藤公康投手、サッカーの中山雅史選手、大相撲の千代大海関・・・。

いずれもかつては輝かしい成績を残しながら、現在は自然の摂理で力が衰えている方たちである。

先日のボクシングの内藤大助選手も現役続行を決めたようだが、彼もまた日本人ボクサーとしては、すでに高齢にある。辞めるなら先日の敗戦はいいタイミングだったと思われたが・・・。

ボロボロになりながらも、現役を続ける選手はバブル期(’80年代)にはあまりいなかったような気がする。

例えば野球界。’81年の江本孟紀は、「ベンチがアホ」発言の謝罪という、訳のわからない理由で34歳で引退し、’87年には江川卓が「針を打ちました」という、理解不能な説明で32歳で引退した。’83年にも小林繁が13勝していながら、「衰えを感じた」と言って31歳で引退している。

ボクシングでは、具志堅用高。なんと26歳の若さで1敗しただけで、引退している。

当時の選手達は「もう十分お金は稼いだし、しんどいスポーツ選手を続けるより、さっさと引退した方が楽に暮らせる」といった考えがあったのだろうか? 少なくとも、ボロボロになってまで現役を続けたいという考えは無かったように思うし、時代を反映している気がする。スポーツ選手より、ビジネスマンの方が輝いていた時代だったのだ。

もっとも、しつこく現役にこだわりすぎるのもどうかなと思ったりもする。見ている人が見苦しく感じるまで続けるのもどうかと・・・。引き際というのは難しい。

さて、YOであるが。いよいよYO3が始まるという段階にきて、YOを引退するには、一つの機会ではある。私も4年間YOをやってきて、そろそろいいのかな?と感じている部分もあるのだ。しかし、4年間習慣のようにやってきたデュエルから完全に離れられるのかといえば、難しい気もする。

とりあえず今考えているのは、チームからの脱退(シエラさんゴメンナサイ)、O’3連合の活動停止(みなさんすいません;)した上で、全く別のプレイヤー名でひっそりと細々とデュエルを続けること・・・である。

もっともこれはその時になってみないと分からない。そもそもPCスペックの問題で、強制引退させられる場合もあるしねw

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »