« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

「What Time Is It Now?」 → 「掘った芋、いじったな!」

タイトルは、気にしないでくださいw 深い意味はありません。

最近は少なくなってきたようですが、洋楽の原題を日本語に直した、いわゆる邦題というのが、昔はよく付けられておりました。

その邦題の中には、ミュージシャンの意図とは無関係につけられたものもかなりあったのでは無いかと推測しますが、傑作あり、駄作ありで、結構ツッコミどころ満載です。

そこで、代表的(?)な邦題をいくつか紹介していきたいと思います。

まずは、フランク・ザッパ作品関連から紹介。

「原題」 → 「邦題」  点数(10点満点で採点) というふうに見てください。

『One Size Fits All』  → 『万物同サイズの法則』  8点

ほとんど直訳に近いが、”法則”を付け加えた部分を評価したい。いかにも幾何学的なザッパの音楽のイメージに合っている気がする。

『Zappa In New York』 → 『ザッパ”雷舞”イン・ニューヨーク』  5点

ライブ盤なので、”雷舞”という、余計なものを付加。意図は分からんでもないが、当て字が平凡で、あえて漢字にする必然性がない。なお、このアルバムの中の邦題は面白いものが多いが、これは原題自体が変なためである。

ザッパの場合、原題からして変なものが多いので、それを直訳すれば、当然変なタイトルとなるのである(中にはここでは紹介しずらいものも有りw)。

『Ship Arriving Too Late to Save a Drowing Witch』

→ 『フランク・ザッパの○△□』(旧邦題)  4点

『たどり着くのが遅すぎて溺れる魔女を救えなかった船』  7点

まず、当初は上の旧邦題が付けられた。恐らくジャケット・デザインのイメージからだろうが、ポンキッキの歌じゃあるまいし、発想が幼稚で買う気が失せる。

その後、反省したのか、下のほぼ直訳の長ったらしいタイトルに変更された。邦題としては常識外れに長いが、ザッパらしくて良い。

「No Not Now」 → 「いま納豆はいらない」  6点

納豆!? 実はnot を納豆と訳した(?)結果。面白いとは思うが、ギャグを競い合っている訳ではないので、過大評価は禁物。

「Valley Girl」 → 「えー、うっそぉ、ホント?」 0点

最低の邦題だ。恐らくザッパの娘、ムーン・ザッパが参加しているため、キャピキャピしたイメージから付けたと思われる。

「I Come From Nowhere」 → 「いかん、風呂むせて脳わやや」 5点

究極のオヤジ・ギャグ。I Come →いかん From→風呂む(せて) Nowhere→脳わやや と訳(?)している。面白いとは思うが、「納豆」同様、過大評価は禁物である。それにしても、調子に乗りすぎではないか? 誰が考えたのだろう?

「Drawning Witch」 → 「フランク・ザッパの○△□(ザッパは駅のソバ)」  1点

当時の日本のレコード会社は、この曲をアルバム・タイトル・トラックと考えたようである。現在では、「溺れる魔女」という直訳タイトルに変更されているようだ。当然の結果だろう。

「Envelopes」 → 「フランク・ザッパの□(長方形)」  2点

そりゃ、封筒は四角いだろうよ。きっと本人達は面白いと思っていたに違いない。副題に(長方形)と付け加えているが、わざわざ付け加える意味があるのか。くちと間違えないためだろうか? あまりにもばかばかしいので、1点加算した。

| | コメント (2)

2010年2月25日 (木)

冬季五輪

日本人選手があまりメダル争いに絡んでこないので、見ていても盛り上がらない。

昔から冬季はダメなんだよね、日本・・・。

世界的に見るとウインター・スポーツが盛んな国とは言えないんだろうな、日本は。

最後、女子フィギュアに頑張ってほしいが、金メダルは無理かしら。

| | コメント (3)

2010年2月22日 (月)

こ・・・・腰が・・・(×ω×)

年に2~3回発症する腰痛が再発orz

歩くのがやっと。

うぅ・・・・。

| | コメント (4)

2010年2月20日 (土)

my favorite music~Rain/The Beatles~

久しぶりに一曲紹介します。

「レイン/ザ・ビートルズ」

1966年、「ペイパー・バック・ライター」のB面で発表された曲。

B面ですが、ビルボード誌全米チャート最高23位を記録しております。

ヴォーカルはジョン・レノン。

後に引きずるような、ジョン独特のヴォーカルが聴けます。

文字で表すと「れ~え~え~ええええ~え~い~ん」「しゃ~あ~あ~ああああ~あ~い~ん」といった感じかな?w

ようするに演歌のこぶしみたいなもんです。

この曲を聴けば、オアシスのギャラガー兄弟がいかにこの曲に影響を受けているか分かるでしょう。

エンディング部ではテープを逆回転させた音が録音されております。テープの逆回転を取り入れた曲は、恐らくこの曲が始めてでしょう。以後、ビートルズ自身を始め、ジミ・ヘンドリックスなど多くのミュージシャンが逆回転を取り入れています。

この逆回転は、昔のカセット・テープでしたら、普通にできました。ケースを分解して、テープを逆に巻いていけば、あとはカセット・デッキで再生するだけ。

私もいろんな曲を逆回転で再生して遊んだものですw もちろん、その反対に逆回転で録音されているものを、正規再生で聴いたりすることもできました。

逆回転で再生された声は「フニャラララ~」といった感じで聞こえます。

話が逸れましたが^^;、サウンド的にはリンゴのドラミングが非常に良いです。

| | コメント (0)

2010年2月16日 (火)

バレンタイン・デー?

そういえば、そういう日もありましたな(-ω-)

私には関係ございません。

いつもと同じ、平々凡々な日でしたよ(`ω´)

あ! シエラさんにバレンタイン・カードもらえるの忘れてたw

| | コメント (2)

2010年2月14日 (日)

フブキング登場

ずーっと初心者ロビーから抜け出れなかったサブがようやくレベル2に上がりましたので、ご紹介します。

Fubuki_3

明日香嬢のお兄さんです(?)。

さっそく、エボマに参戦した(^ω^)

けど、カード弱くて勝てない(×ω×);

やっぱり、カード補強しないとだめか・・・面倒くさいw

| | コメント (0)

2010年2月13日 (土)

my best selection CD Pink Floyd①

再び’60年代に戻ってまいりました。

プログレッシブ・ロックの巨匠、ピンク・フロイドのマイ・ベスト・ランキングです。

一回では紹介しきれなかったので、2回に分けることにします。

今回は、初期の作品のランキング。

第一期:’67~’72年作品

①おせっかい  Meddle('71)

②夜明けの口笛吹き  The Piper At The Gates Of Dawn('67)

③原子心母  Atom Heart Mother('70)

④神秘  A Saucerful of Secrets('68)

⑤ウマグマ   Ummagumma('69)  

この時期の彼らの音楽を言葉で表現すると・・・宇宙的、幻想的、神秘的、前衛的・・・といったところでしょうか。

ピンク・フロイドの作り上げる音空間はまさに独創的であり、その辺の凡百のロック・バンドとは、次元が違う印象を受けます。

デビュー作の②は、シド・バレット在籍時のサイケデリック・ロックの名作ですが、その後の作品と比較すると、やはり異質な感じはします。

①は何といっても「エコーズ」が素晴らしい。A面がもう少し良ければ文句なしなのだが・・・。

シンフォニックな③は、以前はもっと好きでしたが、さすがに最近は「ちょっと古臭いかな?」という気がしてきました。

④は良い曲と平凡な曲の差があり、彼らとしてはまとまりに欠ける印象。

⑤はメンバー各自のソロ作が収められており、かなり実験的です。

| | コメント (2)

2010年2月 7日 (日)

久しぶりにGS参加

ついにデュエル・パスを少しだけ購入。久しぶりにYO2のガンスに参加しました。

結果○○×○○○×××○○○○○×

5連でした(-ω-);

デッキは見習いとライロ使いました。

1キル有り、バーン有り、遅延有り、大事なところでミスする、負ける。

まあ、いろんな意味で相変わらずのYO2でしたw

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »