« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月27日 (火)

無制限デッキにイジメられた。

今日、YO3でのぶおさんにいじめられました(TωT)

禁止カード・フリーの無制限設定デッキで、強欲な壺と天使の施しで、たんまりとドローされた後、サンダーボルトを喰らい、その後召喚された綿毛トークン(私の伏せカードはライオンだったのです)も、2発目のサンダーボルトを喰らって死滅。

デビフラ究極龍+巨大化で1キルされました><

もちろん、1ターンでサンダーボルトを2発喰らったのは生まれてはじめてですw

しかし、禁止カードを解除するのもいいが、せめて制限扱いにするくらいの配慮がないのか、K社はw

正直言って、デュエルになりませんw

こうなったら、ラスバト1キル使ってやるぞ!

あるいは、ハンデス三種の神器(双子、押収、番兵)3積みして、相手の手札をゼロにし、ヤタガラスでドロー・ロックしてやるぞ!

嗚呼、恐ろしい・・・。

| | コメント (4)

2010年4月25日 (日)

嗚呼、貧乏orz

給料日前

腰痛治療につぎ込んだ費用が重なり

不景気による給料カットが追い討ちをかけ

パスを買う金がありません(TωT)

新パック1枚も開けれない

つーか、前のパックの収集率もまだ63.7%・・・。

大人なのに・・・。

| | コメント (0)

2010年4月24日 (土)

breaktime music#5

このコーナーでは、全く洋楽などに興味ない皆様にも楽しんでいただけるよう、比較的有名かつ親しみやすい曲を紹介していきたいと思います。

その第5回目。

「ホテル・カリフォルニア(Hotel Carifornia)/イーグルス(Eagles)」(’77年)

Carifornia

あまりにも有名で印象的なイントロ。

あまりにも有名なレコジャケ。

哀愁を帯びたメロディ。

まるで小説でも読んでるかのような比喩的表現に富み、風刺の効いた歌詞。

(日本語訳を紹介した映像もあるので、是非見てみてください)

そして、ラストのギター・バトルに至るまで、全てが完璧。

名曲になるべくしてなった名曲。

私の持っているCDのライナー・ノーツを読んでみると、’77年発売直後に書かれたものであるにも関わらず、「恐らくロック史に残る名曲として、長く人々に記憶されることだろう」と確信されている。

この評論家の眼力も素晴らしいと思うが、当時この曲を聴いた多くの人が、瞬間的に「これは名曲だ!」と思ったことであろう。

| | コメント (0)

2010年4月22日 (木)

書きたいことはあるけれど・・・。

平日の更新はやっぱり難しい。

体力的、時間的に無理。

| | コメント (0)

2010年4月17日 (土)

新テンプレート

新テンプレート、ご覧の通りですw

正直、あまりうまく作れませんでしたが・・・。まあ、いいでしょうw

モデルに明日香嬢のアバター画像を使っています。ご了解の程お願いします。

おっさん連合だから枯れた色にしましたが、もう少し明るい色の方が良かった?

| | コメント (4)

2010年4月14日 (水)

O'3連合会の新ポスター?

以前、O’3連合会のポスターを作ったことありますが、今度YO3用のものを作ろうかな~と頭の中では考えています。

そこで、会員の方のアバターの画像データを集めるために、一、二回集会的なことをしようかなとも考えたり・・・。

ただ、現段階では思ってるだけで、具体的なことは何一つ決まっておりません。

唯一決まってるのは、もしポスター作るならば、デザインは見習いのアクシア氏に頼むつもりです。

アクシア君、そのときは頼むよ。ふふふw

| | コメント (4)

breaktime music#4

このコーナーでは、全く洋楽などに興味ない皆様にも楽しんでいただけるよう、比較的有名かつ親しみやすい曲を紹介していきたいと思います。

その第四回目。

「美しき生命(Viva La Vida)/コールドプレイ(Coldplay)」

この企画で紹介する曲をリストアップしてみると、何故かほとんどが’70年代の曲になってしまうんですが・・・・この曲はなんと! 2008年! つい2年前の曲です!

恐らく今まで私が紹介した曲の中でも最新になると思います。当然、ご存知の方も多いことでしょう。

それにしても、この再生回数凄くない? ほぼ60,000,000回って・・・^^; さすがに世界30ヵ国以上でチャートの1位になるだけのことはあるわ。

このブログで紹介したからには、再生回数は、きっと60,000,000回超えるでしょう(ムリムリw)。

個人的にコールドプレイは決して嫌いではないです。どちらかといえば、好きなタイプのバンドです。かといって絶賛するほどではないですが・・・。

この曲などはビートルズっぽいですが、全体的にはU2やレディオヘッドあたりの影響が濃いバンドですな。特にU2の影響は強く感じられます。

言ってみれば、U2というブラック・コーヒーに砂糖とミルクをたくさん入れて甘くして、子供にも飲める(聴ける)ようにしたって感じでしょうか?

しかし、’70~’80年代頃は、この程度のバンドはザラにいたと思うんだが・・・。

| | コメント (2)

2010年4月11日 (日)

YO3のさまざまな疑問

今日、YO3で初めてCPU以外の対戦しました。

そして、初めてチャット・ルームに入りました。

ようやく月面着陸後の第一歩といった感じです。

YO1時代にあった、デュエル後に”相手を評価する”が復活していました。

「結局、あれは何のためにあったのだろう?」というYO1時代の印象でしたが、復活させたのは、なにか意図があるのでしょうか?

それと・・・

デュエリストプレミアムって何ですか?

カードレンタルってどうやるんですか?

ショップのカード交換ってどうやるんですか?

わからんorz

・katauyaさんが、コメントにO’3連合会会員と記してあるのを見ました。かつやさん、偉い! 私も見習わなくてはと思い、コメント欄にO’3連合会回腸と記入しておきました。

| | コメント (4)

恐るべし、白色彗星帝国

私が小学生(中学生だったかな?w)の頃好きだった曲を紹介。

アニメ「宇宙戦艦ヤマトⅡ」に出てくる強敵、白色彗星帝国のテーマ曲です。

強大な敵をイメージしたような、荘厳かつ重厚なパイプ・オルガンの音色が素晴らしい。

今回初めて知ったのですが、宮川泰さんの作曲だったのですね。

いろんな曲を作られてたんですなー。さすがです。

Suisei

そういえば、副会長のバトンで、「嫌いな国は?」の問いに「ガミラス帝国」とお答えになっていましたね。正直、ウケましたw

| | コメント (0)

人類が初めて月面を歩いた気分。

整骨院に通い始めてから3週間。ようやく、腰の具合も良くなってきました。

昨日は、久しぶりにというか、YO3になって以来初めての長時間イン。

エクイテ、戦車を入れた剣デッキなどを回していました。

今更ですが、従来通りCPUキャラ達とデュエルできるのも昨日初めて知った次第です^^;

まだまだYO3の機能は良く分かっておりません。

そういえば、使用できるデッキを選択する機能(×印)が無くなってましたな。

あれは紛らわしいだけで、どういう意味があるのか分からなかったので、無くなって良かったんじゃないでしょうか?

YO3になってからチャットも使ったことがなかったので、インしてた明日香姫に、ちょっかい出してみました(多分、いい迷惑だったと思いますw)。

プライベートが忙しくなったという明日香姫ですが、相変わらず頑張ってインしてるんですね。

まあ、とにかく、昨日は「アポロ11号(HATA1123)、初めて月面(YO3)に立つ」みたいな日でした。

| | コメント (2)

2010年4月 9日 (金)

breaktime music#3

このコーナーでは、全く洋楽などに興味ない皆様にも楽しんでいただけるよう、比較的有名かつ親しみやすい曲を紹介していきたいと思います。

その第三回目。

「愛(Love)/ジョン・レノン(John Lennon)」

Love

愛は真実 真実は愛

愛はフィーリングで 感じとるもの

愛は愛されたいと思うこと

愛は触れ合い 触れ合いは愛

愛は手をさしのべて とらえるもの

愛は愛されたいと願うこと

(対訳 今野雄二)

まさにシンプル・イズ・ベストというべきか。究極のラヴ・ソングです。

注1)決してエ○動画ではありません。上の画像を見て勘違いしないでくださいw

注2)しばらく音が聴こえないかもしれませんが、大丈夫です。音量を上げすぎないように注意してください^^;

仲睦まじいジョンとヨーコの姿が映し出されますが、’80年の悲劇を知っているだけに、ジーンときます(;´ω`;)

愛する人が、自分の目の前で射殺されるなんて、これ以上の悲劇はそうはないだろうな・・・。

ちなみに、私のかけてる眼鏡はジョン・レノン・モデルです(^ω^)

| | コメント (0)

2010年4月 4日 (日)

breaktime music#2

このコーナーでは、全く洋楽などに興味ない皆様にも楽しんでいただけるよう、比較的有名かつ親しみやすい曲を紹介していきたいと思います。

その第二回目。

「All By My Self/Eric Carmen」

エリック・カルメンは、’72年ラズベリーズでデビュー。’75年ソロ・デビューし、’76年にこの「オール・バイ・マイ・セルフ」が全米第2位の大ヒットを記録しました。

ラヴ・バラードが得意なメロディー・メイカーとしては、ポール・マッカートニーやエルトン・ジョン達と並ぶ存在で、かなり以前ですが、松田聖子がエリック・カルメンのファンだったという話を聞いたことがあります。

確かにセンチメンタルな曲調と甘い声の持ち主で、特に若い女性から好まれるタイプです。

この曲もCMなどでよく使われますが、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番の旋律が使われており、クラシック・ファンは「おや?」と思うかも知れません。

なお、第3回があるかどうかは不明です。

| | コメント (0)

980円のイヤホンは、980円の音がした。

オーディオ・テクニカのイヤホンが壊れた。

代わりに安いイヤホンを購入(貧乏なので(TωT))。

1000円札1枚で買えたV社製のイヤホンだ。

結果、低音に量感が無い、解像度が低い、とどのつまり音楽のダイナミズムが伝わってこない。

多少の劣化は覚悟していたが、予想以上の劣化にガックリ。

sapuri先生のいうことを、よく聞いておくべきだった。

それでも、家にあった無印品(?)よりはマシ。

しばらくは、これで我慢するしかない。

| | コメント (5)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »