« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月26日 (日)

緊急会議

今週のガンスリング、唯一の参加機会と思われていた日曜日昼。

思いもしなかったチームの緊急会議が始まりました。

それもかなり切羽詰った内容であったので、ガンスの方は中断せざるを得ませんでした。

そこで我々は非常に重く辛い決断を下すこととなったわけです。

ま、チーム・メンバー以外は関係ないことなので、これくらいにしておきましょう。

とにかく、全てが無事で終わりますように・・・。

| | コメント (0)

イチロー選手の記録の見方

久しぶりに野球の話題です。

さて、10年連続200安打以上を達成したイチロー。

100年を超える歴史を持つMLBでも初の快挙である。

とはいえ、米国でのイチローの(打者としての)評価は、日本で考えられているほど高くない。さて、その理由は?・・・というのが、今回の話の趣旨。

内野安打が多すぎるというのも理由の一つだが、最大の理由が出塁率の低さ。

イチローのメジャーでの通算出塁率は.376で、これは平均的レベルに近い。

通算打率が.331にもなるのに、四球が少ないため出塁率が伸びないのである。

米国ではこの出塁率を重んじるため、イチローの評価の低さにつながっている。

さらに最近、日本のスポーツ新聞でも掲載されているOPS(出塁率+長打率)という数値においては、イチローは.807にしかすぎない。

例として、松井秀喜との比較をすれば、松井のメジャーでの通算打率は.289で、イチローとは4分以上の差がある訳だが、これが出塁率になると、.369となり、ほとんど差がなくなってくる。

さらにOPSで言えば、.848となり、イチローを上回る。つまり、OPS重視で打者を評価するなら、イチローより松井の方が上ということになる。

このOPSという数値は、パワーヒッター有利の計算式で、イチローのようなタイプの打者には不利な数値だ。個人的にはあまり信用していないのだが、OPSを重視する評論家やファンの間では、イチローの評価は当然低くなるだろう。

ちなみに先日、日本で200安打を達成した阪神のマートンは、「安打数よりOPSを気にしている」みたいなことを言っていたように思う。

さらに、これはイチローだけの責任ではないが、所属チーム(マリナーズ)が勝てないというのも、今ひとつ評価されない原因になっている。

要するにマリナーズが弱すぎるだけなのだが、結果としてイチローのヒットがチームの勝利に結びついてこないことが、「個人記録を優先している」という悪評を払拭できない原因となっている。

かつてアレックス・ロドリゲスも同じようなことを言われていたが、ヤンキースで何度か優勝することにより、回避できた。

マリナーズは今後も当分弱そうなので、イチローも(チャンスがあれば)ヤンキースやレッドソックスのような常勝チームに移籍してみてはどうだろう? 

そこで結果を残し、チームも優勝できれば、評価はかなり変わってくると思うのだが・・・。

最後に、誤解のないように付け加えておくと、上記の話は、あくまでもイチローの「打者としての評価」の話であり、守備・走塁も含めたベースボール・プレイヤーとしての評価は米国でも十分に高い評価を受けている。

将来の大リーグ殿堂入りは、もう間違いないと思う。

| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

腰抜け外交

なんか腹立つ、尖閣諸島問題。

中国にいいようにやられとるやんけ。

なんで我々が謝らないかんのじゃ! 

とにかく、勝手な言いがかりつけてくる奴らは信用できん。

中国に進出している日本企業は即刻撤退。国内に生産拠点を戻し、日本の若者を雇用すべし。

・・・などと簡単には出来んけど、しかし、本当にムカつく。

実は、私の会社も中国に生産拠点を置くような話が出てきているんだが、そうなれば、国内の従業員はリストラに遭う可能性だってあるのだ(私も例外ではない)。

今度の事件で、「あんな奴らのためになんで」という思いが本当に強くなった。

ホンマに何企んでるか分からん連中だ。あんな国と俺は仲良くしたくない。

| | コメント (2)

2010年9月23日 (木)

MIMAさんについて

前述のコスミック・インベンションの記事を書いて、森岡みまさんのことが気なったので、ネットでいろいろ調べてみた。

お父様は日本の楽器メーカー(今は存在していない)の社長だったのね。なんでもベンチャーズで有名なモズライトなどを作っていたとか・・・。

社長令嬢だったわけだ。

それと、’80年代の洋楽紹介番組「ポッパーズMTV」のアシスタントもやっていたらしい。ピーター・バラカンと一緒にやっていたのかw 全く記憶に無い^^; そして、微妙にYMOつながり・・・。

今は音楽やめて、旦那様と中華料理店やってるそうな。

何でこんな記事を書くのかって? それは、29年ぶりに見た彼女を気に入ってしまったからですw

可愛いし(当時はそう思わなかったのだがw)、ドラム上手いし・・・同年代だしw

| | コメント (0)

懐かしのコスミック・インベンション

最近、私の中でYMOがリバイバル・ブームとなっており、また当時の作品などを聴き返したりしているわけです。

そんな中で、ふと思い出したバンドが・・・・。

コスミック・インベンション。そういえば、そんなテクノ・バンドいたよなー。

当時メンバー全員が中学生で、「次世代のYMO」と言われていたような記憶が・・・。

特にヴォーカルとドラム担当していた女の子が印象に残ってます。

でも、記憶がほとんどおぼろげで・・・なにせ、30年前のことですからw

それで、まずウィキペディアで調べてみた・・・・ヴォーカルの女の子の名前は森岡みまさんていうのか・・・初めて知りましたw

井上ヨシマサさんという方は、作曲家として今も活躍中のようですね。AKB48の曲も提供したって・・・現役バリバリじゃないですかw

メンバーの生年月日見ると、ほぼ私と同年代。ということは、みんな今はおじさん、おばさんになってるわけだ(当然のことですがw)。

で、映像探してみた。ありました~^^

「YAKIMOKI/コスミック・インベンション」・・・な、懐かし~w

Cosmic

そうそう、こんな曲だったねー。当時は「なんじゃ、こいつら」みたいな感じで斜めにみてたけど、今見るとなんだか「頑張って~」と応援したくなりますな。

「へたっぴ」とか「音程外してる」なんてことはいいっこなしよ><

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

怪奇骨董音楽集『Whistle Rymes』

ジョン・エントウィッスルは、ザ・フーのベーシストである(稀にフレンチ・ホルンも吹いた)。

彼のベースは、ザ・フー・サウンドの核であり、あまりギター・ソロを弾かないピート・タウンゼントの代わりにベース・ソロを弾くこともあった。紛れもなくロック史に残る名ベーシストの一人であろう。ソングライターとしての才能も有った。

残念ながら2002年にこの世を去っている。

つまり、2年前に私が見たザ・フーのライヴには当然、ジョンの姿は無かった訳である(これまた残念)。

Whistle

『Whistle Rymes/John Entwistle』 (’72) ★★★★

エントウィッスル2作目のソロ・アルバム。

ファンタジックなジャケットに惹かれて、思わず購入。つまりジャケ買いだったわけだ。

もちろん、ジョンの自作曲は、ザ・フーの作品に収められている何曲かで聴いていた。

ピート・タウンゼントの作品とは違って、やや風変わりな曲が多かったが、決して嫌いではなく、むしろ彼の作風は好みだった。

したがって、ジャケ買いとはいえ、ある程度の”信頼”はしていた。ただ、フル・アルバムとなると、果たしてどれだけのクオリティが保たれているのかやや心配もあったが。

結果的には予想以上のクオリティを保持しており、私のお気に入り作品となったわけである。

曲は本当に粒揃いだが、個人的にはジョンのベースが唸りを上げる「Who Cares?」という曲が格好よくて好きである。

「5:15(John Entwistle Bass Solo)/The Who」・・・ロック・オペラ『四重人格』に収められている「5:15」の後半部分に披露されたジョンのリード・ベース・ソロ。

演奏テクニックのことは良く分からないけど、とにかく格好いいです^^ しかし、独特の指の動きしますねw しかも早い^^; 「ロック・バンドで一番地味な楽器はベース」と思っている方は、是非ご覧になって、認識を改めていただきたいと思いますw

Entwistle

2年前のライヴでもこの曲演奏されたけど、当然こんなベース・ソロ・パートは有りませんでした。やっぱりジョンの生演奏見たかったです・・・。

| | コメント (2)

2010年9月19日 (日)

怪奇骨董音楽集『魔法使いは真実のスター』

ジャケットも中身もグッチャグチャの作品を紹介。

Wizard_2

『A Wizard , A True Star/Todd Rundgren』('73)  ★★★★

大学生の頃良く聴いていた作品です。私は偏執狂的ポップ・ミュージックが好きな、変な学生だったのですw

ジャケットはまるでダリの世界だが、音も万華鏡のごとくキラキラ(時にギラギラ)している。

曲数は全19曲で、アナログではA面12曲、B面7曲。これが音の洪水のように56分間(当時としては長い)ほぼノン・ストップで流れ出てくる。

頭の中をぐちゃぐちゃにかき回してくるような音から、タイミングよく出てくる美しいメロディの曲、ソウル・ミュージックのカバーなど多種多彩の内容です。

トッド・ラングレン自身も多彩な音楽活動を続けてきた人で、’60年代からNazzというビート・ポップ・バンドで活動。’70年からソロ・デビュー。’74年からユートピアを結成。ソロ活動と平行してバンド活動も行う精力的な活動をしてきました。プロデューサーとしても有名で、日本の高野寛等の作品も手掛けています。

また、一人で全ての楽器を演奏し録音する、いわゆる「自宅録音」の先駆者的ミュージシャンでもあります。

トッドは以外に日本のアーティスト達に人気があって、日本人アーティスト達によるトリビュート・アルバムも作られているようです(残念ながら未聴ですが)。

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

金欠により一時引退

今月の私の小遣いの残金を確認してみたら、大変な事態に陥っていることに気づいた。

「金が無い」

その一言に尽きる。

まだエボマ景品もカード化していない。どーする?

YO2のときより、YO3の方が投資金額が多い気がするのは私だけだろうか?

コンマイの術中にはまっている気がしてならない。

しばらくイベント引退するしかないorz

| | コメント (0)

2010年9月13日 (月)

前記事のコメントに対する回答

前記事でアドバイスいただきありがとうございます。

コメント書いてたら、すごく長くなりそうだったので、記事で書きます。

20daiさん>

まず、神殿デッキ。作成中ですが、手札抹殺とは相性が悪いので構築が難しいですねw 間に停戦協定とか、砂漠の光をはさむ必要がありますので。

天変地異は面白そうなので、これも作成中です。

テスタロスは普通に帝で面白くないので、却下w ノーレもアスワンとは組みにくい気がします。

追い剥ぎはできれば1~2枚入れたいところですね。何を外すかですが・・・。

ねるさん>

確かに以前やりましたなw 

ゾンキャリは死デッキ入れてた頃の名残かな? まあ、邪魔にはならないと思うんですが・・・やっぱりいりませんか^^;? 

エネコン・・・・ハンデスなのでダメージ与えられる収縮を優先してましたが。空きスペースあれば・・・。

苦痛・・・デーモンの宣告も採用しているだけに、永続を並べるのに抵抗が・・・。入れるとなると、神宣、賄賂も入れたくなるんですが・・・

神宣・・・デーモンの宣告のコストがきつくなる。

賄賂・・・ハンデス、ドローロックが目的なのに、相手にドローを許す。

という点で採用を見送った経緯もあるだけに・・・悩みます。

現在製作中の天変地異デッキならば、ハモンの召喚コストにも使えるので、苦痛の採用有りかと思います。

普通のはたき落とし・・・採用検討してみますw

さぷりさん>

今の編成では、ピーピング機能が無いので、マイクラ腐りやすいかもしれません^^; 確かにBF相手なら使えそうですが・・・。

ダストを入れたいけど、ダストも腐りやすい。なにせ基本ハンデス・デッキですので、相手の手札が4枚以下の時が圧倒的に多くなります。

今後、あまりにもBFが多くなれば、迷うことなく採用できますけどね。まだ50%以下だと思うので・・・。

天変地異投入なら間違いなく採用でしょう。

異次元の指名者はちょっとスピードが遅いかな^^;

というわけで、皆様の意見を参考にしながら見直したいと思います。

| | コメント (0)

2010年9月11日 (土)

テーマデッキ診断『アスワン』

Aswan_2

「アスワンの亡霊」、「デーモンの宣告」、「強烈なはたき落とし」のコンボによるドロー・ロックを狙うデッキですが、基本的にはトマハン・デッキです。

変わったところでは、コンボ用カード以外に「大王目玉」を採用している点でしょうか。

対CPUキャラ戦(全☆3デッキ) 16勝1敗

平均所要ターン数 15.9

CPU戦の成績は良かったです。1敗は明日香でした。スピードは平均よりやや遅いですね。

実際にドロー・ロック掛けれたのは、2~3戦程度でした^^;

キーカードが多いので、そう簡単には決まりません。

プレイングは少々コツが要ります。

・まず、「はたき落とし」が手札に来たら、迷わず使用して墓地に落としておく。

・大王目玉でドロー・カードを操作。先を読みながら順番を決める(ここが腕の見せどころw)。「デーモンの宣告」があれば、デッキ・トップへ。効果発動で2枚目もドローできます。

・ザルーグ達でハンデスしながら攻める。エアベルンもここでは、チューナーとしてよりもハンデスを優先。相手の手札を削っておいて、アスワンで攻撃し、ドロー・ロックが理想。もちろん現実はそう簡単にはいきませんが・・・。

イベントでは2回使いましたが、いずれも負けましたw

前回のトライアル・・・いきなり「はたき落とし」たら、暗黒界でしたorz。 よりによってなんでw

今回のエボマ・・・相手BFでしたorz しかし、1勝はしましたよ。普通に殴り勝ちでしたけどw 大王目玉が活躍したかな?

まあ、こんなところです。気づいた点などあれば、コメントお願いします。

| | コメント (3)

2010年9月 7日 (火)

スネークマンショーを聞いてみて

最近、YMO関連の動画探しにハマってまして・・・・^^;

これ、今の若い人にウケてもらえるんかな~w

と、思いつつ紹介するのが、スネークマンショーの"警察”。

YMOのアルバム『増殖』に入ってたコントで、出演は伊武雅刀と小林克也。

【手書き金魂】警察だ!・・・・これなら、画のほうも「銀魂」がネタになっているようなので、若い方でも楽しめる(?)

ちなみに私の息子(現在中坊)が小学生の時にこれを聞かせたら、ちゃんとウケて笑ってましたけどねw

スネークマンショーのギャグは、個人的にはついていけない部分が多いけど、これはウケたなあ・・・w

最後に不気味な笑い声と音楽が聞こえるけど何?・・・と思った方、続きはこちらです。

「Citizens Of Science/YMO」・・・・まあ、こんな風にコントと音楽がつながっているわけです。

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日)

で、結局GSに参加・・・・

YOやる気なくなったといいつつ、今日の昼ガンスに参加。

ああいう記事を書いたあとって、逆に意識しちゃうのよねw

BFデッキは依然として使えませんが、弾圧デッキで最高6連できました。

連勝中は、じゃんけん10連敗という大記録(?)を樹立する中で進行。

BFデッキに当たらず、初心者に多く当たるという幸運にも恵まれました。

皮肉にもじゃんけんの連敗が止まった7連目にBFに遭遇。

旋風2枚の高速展開についていけず、負けましたorz

| | コメント (0)

2010年9月 4日 (土)

スランプ時期に入る

たまにこういう時期が来るんだが、YOやるのが面倒くさくなってきた。

先週のトライも一周しかしてないし、新パックもほとんど開けていない(よってBFも組めない)。

今週のガンスは先ほど一時間位出たが、2連まで。

そして、予想通りBFが多い。剣ちゃん姿消しちゃった。

自分が未だBF組めないからだと思うんだが、なんかシラケてきてしまってダメだ。

やる気にならない。

明日参加するか微妙。ひょっとしたら、しばらく姿消すかも・・・。

| | コメント (0)

2010年9月 3日 (金)

怪奇骨董音楽集『BGM』

先日、書店でミュージック・マガジンをちらっと立ち読みしたら、「’80年代の日本のロック・アルバム・ベスト100」みたいな企画やってました。

1位は大滝詠一の『A LONG VACATION』でしたね。

私が明日香嬢のテーマ曲に選んだ「君は天然色」が入ってるアルバムです。

2、3位は忘れたなあ・・・。

4位が今回紹介する、YMOの『BGM』。5位はRCサクセションだった気がする。

いずれにしても地味っていうか、洋楽のベストみたいに「おお、やっぱりこれか! なるほど!」って感じが少ないねえ。

まあ、選定がミュージック・マガジン的にマニアックだからしょうがないか。

それだけ、日本のロックってとどのつまり、微妙な存在なんですよね。

選ばれてた100枚の作品群。今の若い人たちのどれだけの人が知ってたり、聴いてたりするんだろう? すっごく疑問です。

Bgm

『BGM/YMO』('81)  ★★★★☆

当時、この作品の発売日が待ち遠しくてたまらなかった記憶がある。

いざ購入し、「ライディーン」や「テクノポリス」のようなカッコいいインスト曲がまた聴けると思いきや、いきなりダークネスな「バレエ」が聴こえてきて、「え・・・・(絶句)」。

結果的に「バレエ」は私のお気に入り曲となったが、「ラップ現象」や「ハッピーエンド」はいまだに意味不明。「千のナイフ」のセルフ・カバーははっきり言って坂本龍一のソロ作のほうがいい。

しかし、B面は良かった。ウルトラヴォックスみたいな「キュー」、文句なしにカッコよかった「U.T」など好きな曲そろい踏み。

いずれにしても、全般的に陰鬱な空気が支配しており、当時の洋楽と比較しても、特異な存在であったように思う。

・HMO(初音ミク・オーケストラ)のコーナー

初めてニコ動とリンクさせてみた。

U・T×MIKU」・・・・いまやYMO関連の動画は、初音ミクと切っても切れない関係となったなw とはいえ、この曲でミクの出番はほとんど無し。唯一の出番ともいえる中間部の台詞がズッコケのドン引きw それと、音量が小さいな。

MASS×MIKU」・・・こっちの方が出来がいい。ある意味オリジナルを超えてしまっているw 誰かがコメントしているように鳥肌ものの出来映え。「MASS」ってこんなにいい曲だったのか。眼からウロコ。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »