« さらばG。失せろ鍋常。これからはパだ。 | トップページ | 「長いイントロだね」などとは言わないように。 »

2011年3月26日 (土)

何度聴いても鳥肌が立ちそうに・・・

以前選定した150/900CDにも挙げたloveの『forever changes』からの一曲。

「alone again or/love」・・・フォークロックとソウルとクラシックの融合。

発表は’67年、まさにlove & peaceな時期。このライヴ映像は、何と36年後の2003年だそうです。

loveはツアー嫌いが災いして大きくブレイクせずに終わり、日本でもほとんど取り上げられず、私もかなり後になって存在を知りました。

知るようになったきっかけは、イギリスの評論家&ミュージシャンが選んだ「20世紀の偉大なロック・アルバム」において『forever changes』が11位にランクされていたことからでした。

「裏ペット・サウンズ」と評していた日本の評論家もいましたが、実際に聴いたのは本当にごく最近のことです。以来、ずっと私の愛聴盤となっております。

|

« さらばG。失せろ鍋常。これからはパだ。 | トップページ | 「長いイントロだね」などとは言わないように。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。